ナットレイもふもふ記

ナットデラを極めたい人のいろいろ

インターナショナルカップ途中経過

前回の記事のポリマンダッサム軸でインターナショナルカップ参加してまする
70戦ちょっとでレート1700いけたので色々と



まず一言

切断多すぎワロエナイ

勝ったあとのデータ送信中にエラーとかいろいろそういうのを考慮したら
50戦くらいで1700いけてたと思う(
それじゃなくてもいつもの悪運が付きまとってるので
理不尽すぎる運負け試合も数知れず
まぁすぎたことは仕方ないのですが(

使用PT
f:id:donamonn:20130125212633p:plain

ポリゴン2、ボーマンダハッサム
ボルトロスゴウカザルトリトドン


ボルトロスの電磁波テロで勝ち筋を作っていけるので
そこからハッサムがいばキーで抜いていくのが理想ですね
相手が麻痺しているとポリ2やトリトドンが先制で自己再生できるのも強み
ボーマンダさんは物理に繰り出して滅びのバーストストリーム流星群ぶっぱします
ゴウカザル猫騙し要員ですが
メタグロスモロバレルウルガモスに強いという
他の猫騙し格闘には無い打点があるのでなかなか使いやすかったです
ただ打たれ弱すぎるのが悩み

80戦弱くらいして色々とメジャー構築の対策にも慣れてきました

雨には電磁波ばらまいていれば後はポリゴン2とトリトドンで崩れる
ルンパッパがいてもトリトドンに草技うつタイミングで
ハッサムに交代して
あらかじめ電磁波を撃っておいたルンパッパに虫食いを打って突破します

砂パ相手にはポリゴン2のトレースで
ガブリアスの砂がくれやランドロスの威嚇を奪えるので
うまく立ち回れば苦戦することはないです

霰パは少し頭をひねる必要があります
ユキノオーに弱いのが3体いるので
ハッサムユキノオーを突破したり
ポリゴン2で電磁波を巻いていくようにしないと若干厳しかったです
霰パにはゴウカザルが入ってることが多いので
ポリゴン2やハッサムに頼りすぎてゴウカザルにやられることもしばしば

トリパ相手にはボルトロスでトリル指導要員に挑発したり
電磁波の行動不能ワンチャンでしのいだりしてます(
トリトドンは素早さが低いので
トリル下メタグロスに先手がとれることも

カポウルガにはゴウカザルボーマンダ
クレセグロスにはハッサムボルトロスで対処していきます

このPTは使ってて強いなって実感できたので結構気に入ってます
最後にBV上げて今回の記事は終了です

35-31885-91314
アメリカの方でレート1796という強豪の方と対戦しました
なかなかの接戦です

24-20774-80124
大会で唯一当たったバンギドリュのBVです
バンギスタンはかなり見たけど
バンギドリュとあたったのはこの方だけでした

ではではノシ