ナットレイもふもふ記

ナットデラを極めたい人のいろいろ

にわかが役割論理について語る

役割論理とは
ポケモンの攻撃力と耐久力を最大まで高め
繰り出し性能を向上させるのと同時に
相手の交代際に与える負担を極力高め
サイクル戦を有利に進めていく論理であり
基本的に素早さは必要としない

要は自分が繰り出した時に相手から受ける負担を少なくして
有利対面を作り、相手の交代を誘い
交代した相手に大ダメージを与え、次に繰り出すことをできなくさせる
有名どころではヤーマンダ、ヤティオス、ヤットレイ、ヤャラドスなど
(役割論理にしたがって育成されたポケモンの名前の最初にはヤが付きます)

役割論理には信者とか論者とかいろいろいて
ロジカル用語で論理語ったりでよくネタにされてるので
役割論理という単語自体は知ってる人は結構多いのではないでしょうか

今回は役割論理が現環境で活躍できるか否かをテーマに考察します

先に結論出します

このままだと普通にネタです

何故ネタなのか
まず役割論理は
自分が攻撃する際の相手の行動が必ず交代であることが前提だからですね
逆に相手が交代しないとほとんどの場合素早さはこちらが下ということになります
先に行動されるということはポケモンというゲームでは基本不利です

しかし攻撃力と耐久高めてるんだから普通に殴り合っても強いんじゃないかっていう
意見もありそうですが
ラティオスガブリアスの対面で
素早さ振ったラティオスと耐久に振ったラティオスだと
どちらがガブリアスに殴り勝てるかと言ったら一目瞭然ですよね
つまりそういうことです

また役割論理でいう耐久は
殴り合う耐久ではなく
繰り出し回数を稼ぐための耐久なので
タイマンが多くなる終盤戦では
傷ついたポケモン達が上から殴られて一気に倒されるといったこともあると思います
素早さを捨てた代償の大きさはそこにありますね

じゃあ役割論理は全く持って使えないのか
そういうことではありません
有利対面で相手の行動に読みが縛られずに大技を選択して
交代した相手に大きな負担を与えて
次以降の繰り出しにプレッシャーをかけることが良いというのは正しいと思います
自分の繰り出し性能を高めるために耐久を厚くするというのも間違ってないです
簡単に言うと極端になりすぎて素早さを捨てたせいで
終盤のタイマンが不利すぎるのではないのかということです

まぁ要は必要最低限の耐久と
相手のサイクル破壊できる程度の攻撃力と
素早さによるタイマン性能があればいいわけです


まとめると

役割論理には半分賛成だけど
ある程度耐久削り、Sのばしてタイマン性能が欲しい

役割論理は間違ったことを言ってはいないから
どこまで実戦に取り入れるかが重要

こんなところですかねノシ