ナットレイもふもふ記

ナットデラを極めたい人のいろいろ

可愛い奴は大体害悪

ブログ開始の挨拶から
一日もたたずに更新奴wwwwww

…なんでもないです(
では早速
今回は麻痺撒きラッキー+小さくなるシャンデラ(ロリシャンって呼んでますw)の
組み合わせの考察をしていこうかなと

まず小さくなるシャンデラの特徴と言いますと
ほぼすべてのヒードランを完封できる点(吠えると挑発には注意)
主に毒々守る身代わりヒードランは対面から完全に起点にできますので
クレセドランに総じて強めなのが評価できます
クレセリアに繰り出して流し際に身代わりをはり
出てきたヒードランを起点に小さくなる
この流れでかなりのアドバンテージになります

次にラッキーの採用理由です
ラッキーの仕事は主に麻痺撒きです
小さくなるシャンデラは先制身代わりできるか否かで
動きやすさが大分変ります
さらに電磁波を巻くことによって
麻痺の行動不可率を足し、身代わりの生存率をさらに高めることで
シャンデラの行動回数を稼ぐことにもつながります
ラッキーは他にもステロなんかも覚えるので
流し性能が高いシャンデラとの相性は良好です
ただしここまでならナットでも同じ仕事ができます
じゃあナット好きなのになんでナットの仕事を他のポケモンにやらせるかと言いますと
ウルガモス性能の違いなんですよね
これが意外と重要視する点で
ラッキーはその耐久から
ウルガモスに電磁波を当てるチャンスは多いどころか
普通に突破できることもあるのですが
ナットの場合電磁波は一回しかうつ機械が無く
ウルガモスはラム持ちが多いため
蝶の舞→電磁波→ラム発動→先制文字で落とされてしまいます
ナットが起点にされて落とされると
シャンデラがめざ地で大きな負担を背負ってしまうため
ウルガモス性能が高いラッキーを採用しました
ナットはナットでシャンデラより速いスイクン
身代わりタネガンで突破を見込めるという点ではラッキーより優秀ですが
それでも現環境でナット動きにくすぎワロエナイ

この組み合わせはデラッキーと名づけることにしてみます
このままではテラキオンやカイリューなんかがきつめなので
PTでクレセリアなんかの物理受けを用意することをお勧めします
バンギ対策の格闘も欲しいですね

そんなわけでPTを軽く考えてみました

シャンデラ@残飯
ラッキー@輝石
ロトム@スカーフ
ハッサム@ゴツメ
ラティオス@眼鏡
テラキオン@襷

f:id:donamonn:20121219215530p:plain

ロトムは穴埋めでとりあえず入れた感じですが
グライオンやカイリューやガッサを意識すると
マンムーも候補に入ると思います
ハッサムのゴツメはテラキやカイリューに後出しするためのものですが
マンムーを入れるならオッカなり鉢巻なり持てますしね
詳しい考察はまた今度にします

ではではノシ